健康な歯並びのために -矯正治療-


美しく健康な口元を手に入れましょう

正しい歯並びで健康に

正しい歯並びで健康に

歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目の問題だけだと思われる方が少なくありません。しかし、実際はお口の機能や健康面にも大きな問題をまねいてしまうものです。

歯並びが乱れていると、食べカスが詰まりやすく歯みがきもしにくいため、むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。また食べものがしっかり咀しゃくできないことで、胃に負担がかかったり、栄養がしっかり吸収できなかったりといった悪影響も生んでしまうのです。

正しい歯並びは健康の基本。矯正治療は口元の見た目を改善するとともに、年齢を重ねても自分の歯を保ち健康でいるために、とても大切な治療なのです。

お子さんの矯正治療について

お子さんの矯正治療について

矯正治療はお子さんから大人の方まで、どなたでも受けることができます。しかし当院では大きく成長を続けるお子さんのうちから、歯並びをチェックしていくことをおすすめします。なぜなら、問題点の早期発見・早期対応ができるからです。

乳歯の頃から歯並びを観察していれば、永久歯への生え替わりを正しく導く治療である「咬合誘導」を必要なタイミングで行うことができます。

また成長が終わってからの治療では、どうしても抜歯する必要も生まれてしまいますが、早期に対応できれば抜歯せずに治療できる確率を高めることができるのです。
診察を受けたら、即治療開始ということではありません。治療の開始時期はもちろん、矯正治療が必要かどうかの判断も含めて、一度ご相談にお越しください。

歯並びを乱すクセ

日頃の何気ないクセが、歯並びを乱す原因になることがあります。お子さんに以下のようなクセがある場合には、できるだけやめさせてあげましょう。

頬づえ 指しゃぶり

頬づえ

頭の重さが片方のあごの骨にかかるなどして、歯並びを乱してしまうことがあります。

指しゃぶり

指が前歯を押すことになり、出っ歯や受け口になることがあります。

歯ぎしり 口呼吸

歯ぎしり

顎関節に強い力がかかり、歯並びを乱してしまうことがあります。

口呼吸

下顎や舌の位置を下げ、歯並びを乱してしまうことがあります。

爪・唇を咬む 食べものの丸飲み

爪・唇を咬む

歯ぐきや顎関節に力がかかり、歯並びを乱してしまうことがあります。

食べものの丸飲み

咬む力があごに伝わらず、歯やあごの成長に支障を来すことがあります。

不正咬合の種類

不正咬合の種類

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)
  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)
  • 叢生(そうせい)
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)
  • 交叉咬合(こうさこうごう)
  • 開咬(かいこう)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こります。

青木歯科の取扱矯正装置

拡大床

拡大床

乳歯の時期や、永久歯との混合歯列期に使う取り外し可能な装置です。

大きな永久歯がきれいに並ぶよう、あごの大きさを徐々に拡げていきます。

3Dリンガルアーチ

3Dリンガルアーチ

歯の裏側に装着し、あごの骨を前方向・横方向に拡げる固定式の矯正装置。6~10歳頃のお子さんに用います。

見た目に目立たないのがメリットです。

3Dクワッドヘリックス 前

3Dクワッドヘリックス 後

3Dクワドヘリックス

装置を使用開始時と、その後拡大された時のものです。

バネの力を使用し、主に上顎の歯並びのアーチを拡大する矯正装置です。舌の内側から装着するので殆ど目立たないことが、この装置の特徴です。奥歯の傾きや捻じれを修正することができ、乱ぐい歯や八重歯といった叢生(そうせい)にも効果があります。ただし、定期的な診療を怠り放置すると過剰に拡大してしまうため、計画的な治療が必要になります。

3Dクワッドアクション

3Dクワッドアクション

バネの力を使用し、主に下顎の歯並びのアーチを拡大する矯正装置です。臼歯を外側に拡大する効果もあります。舌の内側から装着するので殆ど目立たないことが、この装置の特徴です。ただし、定期的な診療を怠り放置すると過剰に拡大してしまうため、計画的な治療が必要になります。

ポールスプリント

ポールスプリント

矯正治療の開始時期に用いる、正しい顎の位置へ矯正するマウスピースです。咬み合わせを整えることで健康で、美しい歯ならびに整えます。

ムーシールド

ムーシールド

受け口を改善するために、乳歯の時期に使用するマウスピース。基本的に就寝中に装着します。

症例紹介

ムーシールド症例紹介1

4歳の女の子です。4ヵ月で反対咬合が治りました。

ムーシールド症例紹介2

3歳の女の子です。2ヵ月で反対咬合が治りました。

フルブラケット

フルブラケット

歯の表側にワイヤーを通すタイプの矯正装置です。
治療効果が高いという特徴があります。

青木歯科の矯正症例紹介

リンガルアーチ症例紹介2

宇都宮市在住 小学5年生の女の子です。約4~5年で矯正治療終了しました。
歯並びを気にされ、来院された患者様です。
混合歯列期(生え換わり)だったため、すぐにブラケットはつけず、子供の成長を正しく促進リンガルアーチ使用しました。
最後に仕上げとしてフルブラケットつけ、治療完了となりました。
永久歯ができるまでは多少治療完了までに時間がかかりますが、患者様にはとても喜んで頂けました。
子供の成長を阻害することなく、永久歯を正しく生えさせることも、矯正治療では大変重要なことです。

フルブラケット症例紹介

宇都宮市在住 小学5年生の女の子です。約3年で矯正治療終了しました。
舌側傾斜があり、重ねて舌の部屋が狭く酸素がうまく取り込めていない状態でした。
酸素をうまくとりこめなくなると、疲れやすかったり、落ち着きがなくなったり、噛み合わせ意外のお悩みも起こります。
そこで、矯正治療の前処置としてポールスプリントで顎の位置を正すことで舌の部屋を広くし、酸素をしっかり取り込めるようにしました。
歯並びの改善だけでなく、舌の部屋を広くしたことで集中力もあがり、学力も上がったとお喜びの声も頂きました。
また、青木歯科はよほどなことがない限り、抜歯はなるべくしない矯正治療方針を取っております。
お子様の歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

3D装置(クワッドヘリックス、クワッドアクション)、フルブラケット症例紹介

宇都宮在住 矯正を始めたとき、15歳でした。
上の前歯が出ている(出っ歯)ところにお悩みがあり、来院されました。
まずはポールスプリントを使用し、正しい顎の位置を決め、次の3D装置(クワッドヘリックス、クワッドアクション)を使用後、フルブラケットの装置を使用し、完了しました。


青木歯科で一緒に働きませんか?

栃木県宇都宮市|診療予約|青木歯科

あなたのお悩みは?
歯が痛い・しみる「むし歯治療」
子供のむし歯を予防したい「小児歯科」
むし歯・歯周病になりたくない「予防歯科」
歯ぐきから血が出る「歯周病治療」
失った歯を補いたい「インプラント」
入れ歯が合わない「入れ歯」
歯を綺麗にしたい「審美歯科・ホワイトニング」
歯並びが気になる「矯正歯科」
肩こり・首こり・頭痛がある「顎関節症」
医院から患者様へ
妊婦さんこそ、歯科検診を!
むし歯にならない生活習慣とは?

栃木県宇都宮市|青木歯科

24時間 受付中 ネット予約はこちら